メイドの文化

メイドの文化とは

メイドはどのようにして生まれたのか

メイドはどのようにして生まれたのか

日本のサブカルチャー文化として根付いているメイド。

ではそのメイドとはどのようにして生まれたのでしょうか?見ていきたいと思います。

メイドは欧州の文化です。

発祥の地はイギリス。

時代は19世紀後半のことでした。

この時代は使用人を雇うことが身分の高さを表す指標で、あくまでも使用人は家事などに従事する男性のことを指していました。

ではなぜ使用人が女性となったのでしょうか?これは戦争が関係しています。

アメリカ独立戦争がその当時行われており、その戦争にかかる費用を賄おうとして、男性使用人に税金がかかるようにしたのです。

使用人を雇うことができるほど裕福であるならば、そこからお金を徴収しようという考えがあったのでしょうね。

そこで出てきたのが税金のかからない女性の使用人、メイドだったというわけです。

これ以降、メイドと呼ばれる女性の使用人の需要は爆発的に高まることになります。

少し考えると、やはり使用人を解雇された男性は戦争に行かなければならなかったのでしょうか・・・?

メイドの仕事は思っていたのと結構違う?

“メイドの仕事とはどういうイメージを持っているでしょうか?やはり日本のメイド文化の影響から、身の回りの世話をしてくれて、ご主人様には絶対服従などといいうイメージがある方も多いのではないでしょうか?実際のメイドの仕事とは、かなりハードなもので、 炊事、洗濯、掃除などの家事全般だけではなく、子守りや教育などもメイドの仕事でした。

また、日本では庭師と呼ばれている庭の手入れをする仕事もメイドの仕事でした。

メイドのご挨拶

メイドの仕事は日女王に多岐に渡るため、裕福な家庭では、ティータイム専門のメイドなど、特定の作業にのみ従事するメイドを雇っていました。

この当時はメイドを雇うことがステイタスであったため、お金がない家庭でもメイドをすぐに雇おうとし、その家庭のメイドは複数の業務を一人でこなさなければならず、非常に労働環境は悪かったことが容易に想像できます。

世間体だけのために自分たちの生活が苦しくなるのにメイドを無理矢理雇うなんて、この時代の人は見栄っ張りだったのでしょうね。